中国の祝日、労働節(劳动节)とは?2021年の労働節は5月1日(土)

労働節は中国の祝日の一つで、毎年5月1日と制定されています。メーデーとも呼ばれ、中国だけでなく、様々な国が労働の日と定めています。具体的には、労働者のための権利を意識するための日という位置づけになっています。例年この日から数連休となります。

春節や中秋節は旧暦に基づいて休みの日が決まるため、毎年変動しますが、労働節は新暦に基づいていますので、毎年5月1日となっています。以下2020年の労働節連休と中国のその他の祝日まとめになります。ご参考くださいませ。



2021年の労働節

2021年は5月1日(土)が労働節で、前日の4月30日(金)から5月3日(月)まで4連休となる企業や学校が多いのではないかと思います。

日付 5月1日(土)
連休期間 4月30日(金)~5月3日(月)

中国の祝日まとめ

元旦 1月1日(新暦)
春節 1月1日(旧暦)
清明節 旧暦の春分から15日目の日
労働節 5月1日(新暦)
端午節 5月5日(旧暦)
中秋節 8月15日(旧暦)
国慶節 10月1日(新暦)

その他の中国の祝日

労働節のほか、春節国慶節など中国の祝日については個別に整理しておりますので、ご参考頂ければと思います。

編集後記

中国の大型連休は3つあり、春節と国慶節、そしてこの労働節になります。多くの人が国内旅行や海外旅行を計画し、観光地は多くの人で賑わいます。日本のゴールデンウィークの感覚に近い休みのように思います。